美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌七番 ”天の原ふりさけ見れば春日なる”

f:id:pcpisjp:20201214220532j:plain

読みは

あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも

と読みます。

 

 

 

歌の意は

大空を仰いで見ると、かつて奈良の春日にある三笠山の上に昇っていたあの月が、今ここに出ているようだ。

言葉の意は

天の原 :広々とした場所

三笠の山 :大和の春日大社の後ろにある山

作者は
安倍仲麿 (あべのなかまろ)
698?~770? 717年の遣唐使随行し、留学生として入唐。李白・王維らと交流するなど幅広く活躍。唐で没する。中国名、朝衡。

出典

古今集

小倉百人一首 歌七番の歌です。

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************