美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌八番 ”わが庵は都の辰巳しかぞ住む”

f:id:pcpisjp:20201214221759j:plain

 読みは

わがいおは みやこのたつみ しかぞすむ よをうじやまと ひとはいうなり

と読みます。

 

 

 

歌の意は

私の庵は都の東南にあり、心静かに暮らしている。
それなのに、私が世を憂いて宇治山に引きこもったと世間の人は言っているようだ。

言葉の意は

:粗末な小屋
たつみ:東南の方向
しかぞ :然りのこと。
世をうぢ山と :”世を憂し”と”宇治山”をかけている

作者は
喜撰法師 (きせんほうし)
生没年不詳。平安初期の歌人六歌仙の一人。

出典

古今集

小倉百人一首 歌八番の歌です。

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************