美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌九番 ”花の色は移りにけりないたずらに・・”

f:id:pcpisjp:20201219123121j:plain

 読みは

はなのいろは  うつりにけりな  いたずらに わがみよにふる ながめせしまに

と読みます。

 

 

 

歌の意は

桜に降る長雨を眺めている間に桜の花の色がすっかり色あせてしまった。

私の容姿もすっかり衰えてしまった。

作者は
小野小町 (おののこまち)
生没年不詳。平安前期の歌人

六歌仙三十六歌仙の一人。

絶世の美人とされ、数多くの伝説を残しています。

出典

古今集

小倉百人一首 歌九番の歌です。

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************