美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌十二番 ”天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ”

f:id:pcpisjp:20201226124251j:plain

 読みは

あまつかぜ くものかよいじ ふきとじよ おとめのすがた しばしとどめん

と読みます。

 

 

 

歌の意は

天を吹く風よ、雲の中の路を閉じてくれ。

天女のような乙女の舞姿をしばし見ていたいと思うから。

言葉の意は

天つ風 :空を吹く風

・ 雲のかよひ路 :天女が通るという、雲の中の路

作者は
僧正遍照 (そうじょうへんじょう)
遍照(遍昭) 俗名良岑宗貞 (よしみねのむねさだ) 816~890 六歌仙三十六歌仙の一人。

桓武天皇の孫。

素性の父。

仁明天皇に仕え、天皇崩御により出家。

出典

古今集

小倉百人一首 歌十二番の歌です。

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************