語り部さるたの美しい日本の言葉 百人一首

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、今に残る日本の美しい言葉百人一首を語ります。

小倉百人一首 歌十四番 ”陸奥のしのぶもぢずりたれゆえに”

f:id:pcpisjp:20201226130802j:plain

 読みは

みちのくの しのぶもじずり たれゆえに みだれそめにし われならなくに

と読みます。

 

 

 

歌の意は

 陸奥の信夫もじずりの乱れ模様のように、私の心も乱れていますが、いったい誰のためにこのように思い乱れているのでしょう。

言葉の意は

しのぶ もぢずり陸奥信夫郡あたりで使われていた、乱れ模様に染められた布のこと

我ならなくに :私ではないのに

 

作者は
河原左大臣 (かわらのさだいじん)


源融 (みなもとのとおる) 822~895 嵯峨天皇の皇子で臣籍降下し、源の姓を賜る。

六条河原に住んだことから河原左大臣とよばれた。

宇治の別邸は後に平等院となる。贈正一位

 

出典

後撰集

小倉百人一首 歌十番の歌です。

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************