語り部さるたの美しい日本の言葉 百人一首

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、今に残る日本の美しい言葉百人一首を語ります。

小倉百人一首 歌二十六番 ”小倉山峰の紅葉葉心あらば”

f:id:pcpisjp:20201231144740j:plain

 読みは

おぐらやま みねのもみじば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなん

と読みます。

 

 

歌の意は

小倉山の峰の紅葉よ。

あなたにもし心があるならば、もう一度天皇行幸があるまで、どうか散らずに待っていてほしい。

言葉の意は

小倉山 :京都、嵯峨にある紅葉の名所。

みゆき :天皇行幸上皇の場合は「御幸」と書く。
待たなむ :待ってほしいの意味

作者は
貞信公 (ていしんこう)

藤原忠平 (ふじわらのただひら) 880~949 平安中期の貴族。

藤原基経の子。

時平の弟。

延喜格式」を完成。

摂政・関白・太政大臣を歴任。

出典

拾遺集

小倉百人一首 歌二十六番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

おすすめ写真と短歌

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************