美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌三十番 ”有明のつれなく見えし別れより”

f:id:pcpisjp:20210103152233j:plain

 読みは

ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきばかり うきものはなし

と読みます。

 

 

歌の意は

明け方の月が、そっけなく空に残っていたように、あなたがつれなく見えたあの別れから、夜明けほど憂鬱なものはありません。

言葉の意は

有明の月:夜けになっても空に残っている月のこと

作者は
壬生忠岑 (みぶのただみね)

生没年不詳。

平安前期の歌人

三十六歌仙の一人。

古今集』の撰者の一人。忠見の父。

 

出典

古今集

小倉百人一首 歌二十九番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************