語り部さるたの美しい日本の言葉 百人一首

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、今に残る日本の美しい言葉百人一首を語ります。

小倉百人一首 歌三十一番 ”朝ぼらけ有明の月と見るまでに”

f:id:pcpisjp:20210103154356j:plain

 読みは

あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき

と読みます。

 

 

歌の意は

ほのかに夜が明けるころ、明け方の月が照らしているのかと思うほどに、吉野の里に白く降り積もっている雪であることよ。

言葉の意は

朝ぼらけ :夜がほのぼのと明ける頃

作者は
坂上是則 (さかのうえのこれのり)

生没年不詳。

平安前期の歌人

三十六歌仙の一人。

坂上田村麻呂の子孫と伝えられる。

出典

古今集

小倉百人一首 歌三十一番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

おすすめ写真と短歌

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************