語り部さるたの美しい日本の言葉 百人一首

さるたびこは、日本の神話に登場する導きの神様です。その名に因んで、語り部さるたが、今に残る日本の美しい言葉百人一首を語ります。

小倉百人一首 歌三十二番 ”山川に風のかけたるしがらみは”

f:id:pcpisjp:20210105204705j:plain

 読みは

やまがわに かぜのかけたる しがらみは ながれもあえぬ もみじなりけり

と読みます。

 

 

歌の意は

山間を流れる川に風が作った堰は、流れることができなく溜まっている紅葉の葉だったのだなあ。

言葉の意は

しがらみ :川の流れをせき止めるために竹などで作られた柵のこと。
あへぬ :成し遂げることが出来ないの意味

作者は
春道列樹 (はるみちのつらき)

?~920 平安前期の歌人

壱岐守に任ぜられたが赴任前に没した。

出典

古今集

小倉百人一首 歌三十二番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

おすすめ写真と短歌

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************