美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌四十二番 ”契りきなかたみに袖をしぼりつつ”

f:id:pcpisjp:20210123170843j:plain



 読みは

ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すえのまつやま なみこさじとは

と読みます。

 

歌の意は

お互いの涙で濡れた袖を絞りながら誓い合いましたね。

末の松山を波が越すことがないように、私たち二人の愛も永遠であるようにと。

 

言葉の意は

契りきな:(恋の)約束したものでしたよねの意味。

 

かたみに:お互いにの意味。

 

袖をしぼりつつ:「袖をしぼる」というのは「泣き濡れる」という意味「つつ」は繰り返しを表す。

 

末の松山:現在の宮城県多賀城市周辺。

 

作者は
清原元輔 (きよはらのもとすけ)

908~990 平安中期の歌人

三十六歌仙の一人。

清少納言の父。

梨壺の五人の一人として『後撰集』を編纂。

 

出典

拾遺集

小倉百人一首 歌四十二番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************