美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌四十三番 ”逢ひ見てののちの心にくらぶれば”

f:id:pcpisjp:20210123172131j:plain

 読みは

あいみての のちのこころに くらぶれば むかしはものを おもわざりけり

と読みます。

 

歌の意は

あなたに逢いたいと思っていたが、逢ってみるとかえって苦しく、切ないこの気持ちに比べると、逢う前の悩みは何も思っていないようだった。

 

言葉の意は

のちの心:後の気持ち、今の心のこと。

 

くらぶれば:比べるとの意味。

 

:逢瀬を遂げる前のこと。

 

作者は
中納言敦忠 (ごんちゅうなごんあつただ)

藤原敦忠 (ふじわらのあつただ) 906~943 

平安中期の歌人

三十六歌仙の一人。

時平の子。

 

出典

拾遺集

小倉百人一首 歌四十三番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************