美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌四十五番 ”あはれともいふべき人は思ほえで”

f:id:pcpisjp:20210131171556j:plain

 読みは

あわれとも いうべきひとは おもおえで みのいたずらに なりぬべきかな

と読みます。

 

歌の意は

私のことをかわいそうだと悲しんでくれそうな人は思い浮かばず、きっと私は、むなしく死んでいくのだろうなあ。

 

言葉の意は

いたづらに :空しく

作者は
謙徳公 (けんとくこう)

藤原伊尹 (ふじわらのこれただ・これまさ) 924~972 

平安中期の歌人

後撰集』の撰者にして和歌所別当

出典

拾遺集

小倉百人一首 歌四十五番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************