美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌四十八番 ”風をいたみ岩打つ波のおのれのみ”

f:id:pcpisjp:20210227165759j:plain

 読みは

かぜをいたみ いわうつなみの おのれのみ くだけてものを おもうころかな

と読みます。

 

歌の意は

激しい風に、岩にあたって砕け散る波のように、私の心も砕けるくらいに片思い悩むこの頃なのだ。

 

言葉の意は

風をいたみ :激しい風の意 (いたみは激しいの意味)

 

作者は
源重之 (みなもとのしげゆき)?~1000?

平安中期の歌人

三十六歌仙の一人。

清和天皇の曾孫。

 

出典

詩花集

小倉百人一首 歌四十八番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************