美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌四十九番 ”御垣守衛士のたく火の夜は燃え”

f:id:pcpisjp:20210227171005j:plain

 読みは

みかきもり えじのたくひの よるはもえ ひるはきえつつ ものをこそおもえ

と読みます。

 

歌の意は

宮中の門を守る衛士の焚く火が、夜は燃え、昼に消えるように、私の恋心も夜は燃え、昼は消えそうになるほど思い悩むのだ。

 

言葉の意は

御垣守(みかきもり):宮中の諸門を守る人。

衛士(えじ):宮中を守るために諸国から一年交代で集められた兵士。

 

作者は
大中臣能宣 (おおなかとみのよしのぶ)921~991

平安中期の歌人

三十六歌仙の一人。

梨壺の五人の一人として『後撰集』を編纂。

伊勢大輔の祖父。

神官。

 

出典

詩花集

小倉百人一首 歌四十九番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************