美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌五十番 ”君がため惜しからざりし命さへ”

f:id:pcpisjp:20210321123227j:plain



 読みは

きみがため おしからざりし いのちさえ ながくもがなと おもいけるかな

と読みます。

 

歌の意は

あなたのためには、惜しくはないと思っていた命だけれど、あなたに逢った今では長生きをしたいと思うようになってしまった。

 

言葉の意は

長くもがなと :長くありたい

 

作者は
藤原義孝 (ふじわらのよしたか)

954~974 平安中期の歌人

中古三十六歌仙の一人。

伊尹(謙徳公)の子。

行成(三蹟の一人)の父。

 

出典

拾遺集

小倉百人一首 歌五十番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************