美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌五十四番 ”忘れじのゆく末まではかたければ”

f:id:pcpisjp:20210501182655j:plain



 読みは

わすれじの ゆくすえまでは かたければ きょうをかぎりの いのちともがな

と読みます。

 

歌の意は

忘れはしないとおっしゃるあなたの言葉は、この先いつまでも期待できるものとは思えませんので、今日を限りの命としたいと思います。

 

言葉の意は

 

・忘れじの :忘れない

・命ともがな :命を今日までとしたいと思う。

作者は
儀同三司母 (ぎどうさんしのはは)?~996

 高階成忠の娘、貴子。

藤原道隆の妻で伊周(儀同三司)、隆家、定子の母。

平安中期の歌人

 

出典

新古今集

小倉百人一首 歌五十四番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************