美しい日本の言葉を鑑賞します 百人一首の世界

今に残る日本の美しい言葉を百人一首の詩から鑑賞しましょう。

小倉百人一首 歌五十五番 ”滝の音は絶えて久しくなりぬれど”

f:id:pcpisjp:20210501184017j:plain

 読みは

たきのおとは たえてひさしく なりぬれど なこそながれて なおきこえけれ

と読みます。

 

歌の意は

滝の水の音が聞こえなくなって長い年月が経てしまったが、その評判は世の中を流れて、今でも聞こえているようだ。

 

言葉の意は

 

 

作者は
大納言公任 (だいなごんきんとう) 966~1041 

平安中期の歌人

藤原定頼の父。

和漢朗詠集』、『拾遺抄』、『三十六人撰』を撰し、歌論書『新撰髄脳』、『和歌九品』、有職故実書『北山抄』、家集『公任集』などを著す。

 

出典

拾遺集

小倉百人一首 歌五十五番の歌です。

 

*****************

語り部さるたのおすすめブログ

おすすめ絵本 百選

おすすめ日本の民話 百選

おすすめ日本の釣り魚 百選

おすすめ日本の歴史上の人物 百選

おすすめ美しい日本の言葉 百人一首

禅のことば 八十一選

語り部さるたのおすすめサイト 

心がおどる絵本達 日本の海で釣れる魚達

*****************